ブログ|夜間・土日祝診療|新宿三丁目えきちかクリニック|新宿三丁目駅 E6出口直結

03-6273-0189

03-6273-0189

〇:月・金・土曜の9時半から13時半は要予約(高血圧、高脂血症、甲状腺、専門外来)
◆:土曜は15:00~20:00

診療時間
9:30~13:30
17:30~22:30

※日曜は現在11:00~13:00となっています。他のお時間をご希望の場合、前日までの診療時間内にご相談ください。

ブログBlog

逆流性食道炎について

2018.12.08(土)

こんにちは。そろそろ忘年会や飲み会・お食事会の続く時期ですね。普段より、たくさん飲んで食べる機会が多いですよね。

胃腸の調子はいかがですか?胸やけ、胃もたれ、膨満感、げっぷなどに悩んでいないですか?のどのつっかえ感、違和感などはどうですか?

子供のころに井戸水を飲んだことない方の多くは、ピロリ菌感染がなく、胃・十二指腸潰瘍、癌などのリスクは低いのですが、胃酸が強く、逆流性食道炎のリスクが高いといわれています。

胃酸が強いことと、逆流しやすいという2つの要素で発生しますが、まずは胃酸が強いことからお話しします。

ストレスでも胃酸が強くなりますが、そんなときは、避けたほうがいいものがあります。脂っぽいもの、チョコレートなど甘いお菓子、かんきつ類、玄米や胚芽パンなどの消化に時間のかかるものです。

17時くらいまでは、消化もいいので、何を食べてもいいのですが、夕飯時に、果物をとるなら、リンゴやバナナがおすすめです。お菓子は3時のおやつといわれるように、3時までに食べましょう。また夕食は腹7分目にして、寝る3時間前までにすませましょう。

次に逆流しやすいことについてお話します。胃と食道のつなぎ目は、横隔膜という筋肉が逆流防止弁の役目を果たしています。基本的には横になっても、逆流しにくいのですが、横隔膜がゆるむと逆流しやすくなります。ゆるむ要因は、一つは太ることです。妊娠・出産を経験しても緩みやすくはなります。逆流性食道炎の方は、まず体重を落とすと、良くなることも多いのです。

腹圧が上がると逆流しますので、それも太ること、ベルトできつく締めること、力むこともよくありません。便秘で力まないためにも、便通について、考えてみてください。また、改善しないときは、ご相談ください。

つらいときは、枕を高くする、上半身の下にタオルケットを入れて高くすると、症状が気にならなくなったと言われます。試してみてください。

一般的なことばかり並べましたが、この時期、脂っぽいものをたくさん夜遅く食べてしまいがちですが、幹事の皆さん、メニューを考えてみてください!遅くなると、明日の仕事のためにも、すぐに寝てしまうと思います。そんな時には、上半身を高くして寝てみてください。

逆流性食道炎のために、のどの詰まった感じ、違和感が強い方も多いです。特に女性に多いですよね。ひどくなる前に、早めに治療したほうが早く治りますから、ご相談ください。漢方薬を含めた内服薬をご提案します。

では1日食べ過ぎたら、その次の3日で、体重をもとに戻してくださいね。

インフルエンザワクチン入荷しました。

2018.12.06(木)

インフルエンザワクチン入荷しました。これから流行時期になりますので、お早めに接種してください。

ダイエットについて

2018.12.06(木)

こんにちは。今日は一気に寒く、冷たい雨でした。皆様いかがお過ごしですか?

今日は、話が変わり、ダイエットについて書きたいと思います。

自分も40代のため、大人のダイエットについて書かせていただきます。

私は、以前は満腹感がよくわからないものの、世間体のため、おなか一杯になったねという友人たちの話に合わせながら、こんなかわいらしい量でおなか一杯って?と思っていました。最初におにぎりを2個ぐらい食べてからでないと、たくさん注文してしまい、お金がかかってしまうため、最初と最後をおにぎり2個ずつではさむ食事をしていましたし、日が昇ればまたおなかがすくという食生活でしたが、体重はあまり変わりませんでした。しかし、35歳を超えてから、食事量は減ったし、満腹感も感じるようになったものの、知らないうちに40歳になったころ、8kgぐらい増えていました。恥ずかしながら公表しますと、50-52kgだった体重が、58-60kgに増えていました。8㎏-10㎏は女性にとってショックですよね。

毎年2kgぐらい増加していたと思います。ただ、いつも少しゆったりした服装をしていたため、気づきませんでした。

これが、年齢か⁉とびっくりしました。

私は、同世代の女性に比較して筋肉量が多く、代謝もそこそこ良く、よく汗をかき、手足が冷えるということはありません。冷え性で筋肉の少ない方は、体重を落とすのは、少し難しいですよね。酸素カプセルに入ったり、運動して筋肉を増やす必要もあります。また、甲状腺機能が低下していると、代謝が悪いため、一度調べてもいいかと思います。甲状腺機能低下は、心肺機能や脂質代謝のためが先に来ますが、冷え性・体重増加・むくみの一因にもなります。採血で調べられますので、ご相談ください。また、プラセンタ注射やビタミンB群の注射も、代謝を高めやすいといわれていますので考えてみてください。

さて、自分のことに戻りますが、食生活を見直してみました。25歳で社会人になってから、朝食以外は外食ばかりの毎日で、今もそうですが、食べている内容が変化していました。チーズ・ココア・間食(ポテトチップス)などが、5年位前から頻繁に食べるようになったこと、カロリーの総量は減っているものの、間食が増えていることに気づきました。

食事を増やして、嗜好品を減らしたところ、2か月であっという間に5㎏減りました。それでも、まだ体型はゆるんでいます。25歳の時は筋肉があったのが、40過ぎて脂肪に置き換わり、ボリュームアップしています。

食事を減らしたり、食べる内容を変えないと体重はおちませんが、引き締めるために、運動をしないといけませんね。

また、内食でも、注意すべきことがあるそうです。ズバリ「リン酸塩・リン酸Na」です。簡単に言えば、代謝回転には、鉄分やビタミンB群が必要ですが、リン酸塩をとると、それらが働くなるそうです。自分の冷蔵庫を見てみると、リン酸塩が含まれた食品が多くありました。簡単に食事を作るために、ついついそういった食品を使いがちですが、最近はなるべく、食材そのものだけで簡単な炒め物や煮物を作るようになりました。リン酸塩をとらないよう注意して、緑黄色野菜、豚肉、魚、果物をなるべくとるようにしています。また、総合ビタミン剤も毎日とるようにしています。

残り5kgがどうやって減っていくか、またご報告します。

冬は、お洋服で体型が隠れやすくはなりますし、食事会、飲み会が多いシーズンですが、体重を増やさないように気を付けたいと思います。

 

当院の注射について

2018.12.05(水)

こんにちは。最近寒くないですね。むしろ暖かく、なんだか、もあっとしていて、冷房つけようかとまで思ってしまいます。昨日は、タンクトップ一枚の女性を駅の改札でみかけました。さすがにそれでは寒いような気もしますが、私も軽い恰好で外出しています。でも今週末から急に寒くなるので、皆さん、風邪やインフルエンザに気を付けてくださいね。

今日は、当院の注射についてご説明したいと思います。今日はまずニキビについてのご提案をします。

ニキビに悩まれてる方は、外用薬や、ひどいときには抗生剤の内服も必要ですが、肌質改善に、注射もおすすめします。

即効性ではプラセンタ注射がおすすめです。1か月くらいは毎週1回受けてみて、その後は2週間に一度でも十分かと思います。効果を考えると、2本以上がおすすめです。プラセンタは、静脈注射にすると、筋肉注射に比べておよそ半分の効果となるため、筋肉注射1本分が静脈注射2本分とお考え下さい。そのため、筋肉注射がおすすめです。筋肉注射が苦手場合は、静脈注射になりますね。当院では1本1000円(税別)で行っています。

またビタミンB1,2,6,12を効率よく摂取できる注射やビオチン注射も肌質改善におすすめです。

1つずつ試してみて、効果のあるものを探したり、おすすめの組み合わせを試したりして、ご自身にとって合うものを探していただきたいと思います。また、大事な会食や撮影などあるときは、状態に合わせて、組み合わせをご提案します。

大人ニキビにも、プラセンタ注射はおすすめです。毛穴の目立たない、ハリのあるお肌を目指しましょう。また、ニキビ跡のケアも必要になってきますが、プラセンタ注射ももちろんですが、白玉注射や、ビオチン注射で、肌の新陳代謝を助けてあげて、ニキビ跡を改善しましょう。

ストレス、ホルモンバランス、乾燥などで、大人でも忘れたころにニキビがひどくなることもあります。顎回りが多いのですが、背中や首、などもできてしまうこともあります。しみにならないように、早めに対策しましょう。

今日はまず、ニキビに対する当院の注射について説明しました。

寒くなると、朝なかなか起きられなくなり、朝ご飯を抜いたり、簡単に済ませることも多くなりますよね。いろいろな情報にあふれていますが、バランスよく栄養をとって、鉄分やビタミンDを吸収して、機能させて、代謝回転をよくすることで、むくんだり、太ってしまったり、肌荒れすることも少なくなります。前日に用意しておいてもいいので、きちんと朝ご飯をとってください。朝は果物をよく代謝できる時間帯ですので、果物もとってみてください。いずれ果物と胃腸についてもお話したいと思います。

では、今週も後半戦、明日も楽しい一日を。

インフルエンザ予防接種

2018.12.01(土)

もうインフルエンザ予防接種は受けましたか?

まだあまり寒くなく(そう思うのは私だけかもしれませんが)、過ごしやすい毎日ですが、これからインフルエンザも流行してきます。

予防接種の効果が出てくるまでの時間と、また予防接種の持続時間を考えると、このぐらいの寒い時期から12月中に接種するのがいいのではないかと考えます。

当院でもインフルエンザ予防接種を行っています。今年は在庫に限りがあるようですが、皆様が安心して接種できることを願います。

接種希望の方は、来院前にご予約の上、来院ください。当日中は、確保しておきます。その日来院できなかったら、またお電話くださいね。

基本的なことで恐縮ですが、こまめに水分補給をすること、手洗い・うがいをすること、マスクをすることが予防になります。マスクは人込みで感染予防になりますが、暖房などで乾燥した中にいても、マスクをしていると、乾燥しないためのどを守ってくれます。最近は街中でマスクをしている人も多いですよね。いいことだと思います。ちなみにうがいは水道水で十分で、水道水が一番いいのではないかと私は思っています。

12月は仕事や受験勉強など忙しい時期ですので、難しいことも多いでしょうが、規則正しい生活、しっかり休んで、バランスのいい食事をとることが必要です。ビタミンDやビタミンCも感染予防にいいのですが、一部の栄養素だけたくさん摂取しても、摂取した栄養素全体のバランスが悪ければ、せっかくたくさん摂取した栄養素の吸収が悪いため、バランスのいい摂取を心がけてください。最近の野菜や果物には、栄養素が以前より減っているといわれることもありますが、旬のものは栄養素も多く含まれ、以前のものと遜色ありません。これからは鍋のおいしい季節ですので、野菜も取りやすいですね。食事だけでは、限りがありますから、上手にサプリメントも利用してください。

いつもより、夜更かしした、仕事が大変だった、体を酷使したときは、次の3日間ぐらいで、自分の体をメンテナンスして、元に戻して下さい。食べ過ぎたときの体重キープと同じ要領ですね。酸化ストレスで傷ついたまま、回復が遅れると、ストレスが蓄積して、なんとなくだるい、同世代よりなんとなく疲れてみえるなどになっていまいます。疲れた時は、ゆっくりお風呂につかる、おいしくバランスのいい食事をとるのがベストですが、忙しい日が続くなら、注射で手っ取り早く回復させるのも方法です。注射で即効性を求めながら、少しずつ、毎日の生活が整うお手伝いをしたいと思います。

 

 

1 2 3 4 5