ブログ|夜間・土曜診療|新宿三丁目えきちかクリニック|新宿三丁目駅 E6出口直結

03-6273-0189

03-6273-0189(当院は予約制ではありません)

◆:土曜は15:00~20:00

診療時間
17:00~22:00

※受付時間は診療時間終了の15分前までとなります。

ブログBlog

2021年インフルエンザワクチン11月11日現在いったん終了しました。

2021.11.01(月)

大変申し訳ございません。11月11日よりいったん終了とさせていただきます。入荷があれば随時お知らせいたします。

内容、本数など決めている患者様のみ初診の自費注射を受け付け再開しました。

2021.09.17(金)

初診の自費注射の方の受付を一部再開しました。あらかじめ決めていただき、受付でお伝えください。決めていない方は、受付しておりません。

医師や看護師に相談は承れません。そのため、初診料、再診料も頂戴しておりません。

注射についてご説明をしますので、ご参考にして、お決めください。また再診の方も、決めていない方は、順番が前後することがありますことをご了承ください。

静脈注射も筋肉注射も1100円からですので、αリポ酸1本だけ筋肉でも1100円(αリポ酸1本+何か1本と同じ値段)ですし、ビタミンC1本静脈とビオチン1本筋肉でも静脈と筋肉で2度手技をともなうため、1100円×2(2200円だと筋肉も静脈も2本ずつと同じ値段)となりますので、筋肉も静脈も2つ以上お決めください。ただし、プラセンタは1本1100円、2本1650円のため、1本でもかまいません。

※無臭にんにく(ビタミンB1、B6、B12)と白玉(グルタチオン200㎎)いずれも粉薬のため、それのみでは注射はできません。かならず溶かすものを1つ以上決めて下さい。

※静脈注射(プラセンタは筋肉注射のため除く)はすべて混ぜることができます。

無臭にんにく;ビタミンB1は100㎎入っているため、通常1本の方が多いです。他にビタミンB6、B12も入っていますのて通常のニンニク注射(ビタミンB1が25mgや50㎎だけのもの)とは異なります。

肩こりなどの方はαリポ酸(しかし血管痛があります)、お酒を飲む方は強力ネオミノファーゲン、ニキビの方はビオチンで溶かしています。(例;無臭ニンニク2本+αリポ酸1本、無臭ニンニク1本+ビオチン1本など)

他の例;無臭ニンニク2本+ビタミンC1本+ビオチン1本←ビタミンC、ビオチン、エルカルニチンは2mlのため、無臭ニンニク2本は溶けにくいため2本のほうがすべて溶けます。

白玉注射;グルタチオン(200㎎)を3本の600㎎から白玉注射といって美白のためにされています。グルタチオン1-2本は肝機能改善や疲労回復とお考え下さい。

当院は5-6本の方が80%程度で、10本の方が3%程度、それ以上はごく少数派です。3本とか7本とかご自身でお決めください。

次に溶かすものを決めて下さい。溶かすもので一番人気があるのは、肌のひきしめ、にきびなどのために、ビオチンです。他にむくみや代謝としてαリポ酸やお酒を飲む人は強力ネオミノファーゲンを選択されています。

ダイエット注射は、一般的にはαリポ酸2本+エルカルニチン2本です。3本ずつという方や皮下脂肪が気になる方はαリポ酸1本+エルカルニチン2本、むくみが気になる方はαリポ酸2本+エルカルニチン1本という方もいます。どちらも4本ずつなどご自身で調整されています。

例;αリポ酸5本+エルカルニチン1本+強力ネオミノファーゲン1本+グルタチオン6本などそれぞれのご希望でお決めください。

にきびでお悩みで注射の方は、プラセンタ2本という方と、グルタチオン1本+ビオチン2本という方がいます。プラセンタは献血ができなくなります。

ニキビでお悩みでかつニキビ跡もきれいにしたい方はビオチン2本+グルタチオン5本、にきびがあまりできなくなってきたら、ビオチン1本+グルタチオン6本という方が多いです。

※筋肉注射

①プラセンタ注射;1本(1100円)から6本(3850円)という方がいます。

プラセンタに白玉(グルタチオン)を混ぜると痛みがありますが、お肌の調子が良くなります。プラセンタ2本+グルタチオン1本など

プラセンタ、αリポ酸、ビタミンC 、ビオチン、Lカルニチンをご希望の本数混注して筋肉注射できます。

②ホルモン注射;こちらはホルモン注射以外とは混ぜられません。

ペラニンデポー10㎎(卵胞単独)、ルテスデポー(卵胞10㎎+黄体125㎎)

エナルモンデポー(男性ホルモン250mg)エナルモンデポーは通常1本です。

ペラニンデポー1本、2本、ペラニンデポー1本+ルテスデポー1本、ペラニンデポー2本+ルテスデポー1本などそれぞれお決めください。

ホルモン注射も専門医院で量を決めていただくことをお勧めします。エナルモンデポーは250mgのため、1本が通常です。

ペラニンデポーは1本や2本、ルテスデポーは1本、ペラニン1本+ルテス1本、ペラニン2本+ルテス1本という方もいます。

 

皆様にお待たせしないようになるべく迅速にご準備したいと思います。よろしくお願いいたします。

 

 

コロナウィルス感染症と漢方薬

2020.05.13(水)

コロナウィルスにより、私たちの生活習慣、ライフスタイルや考え方が大きく変化しました。収束しても、当分このような毎日が続くのかなあと思います。

いつ、どこで罹患するかわからないため、罹患したらいち早く免疫システムが働く状態を漢方薬で作ることも一つかもしれません。補剤(エネルギー補給)の、補中益気湯、十全大補湯、加味帰脾湯、人参養栄湯といった漢方薬で、予防して、さらされても体から追い出せるよう内服することもいいと思います。

症状のない軽症患者さんにも有用な漢方もありますし、、発熱を認め、重症化を止めるにも、漢方薬が少し役立つかもしれません。

これからコロナウィルスにかかわらず、少しでも、免疫力を上げるように、考えていきたいですね。

 

超音波検査

2019.06.20(木)

健診で中性脂肪が高いと言われて脂肪肝が心配、背中が痛くて膵癌が心配、おなかが痛い、首が腫れている、乳腺にしこりがあるなど色々なことで、ご来院頂いております。

そんな時、超音波検査が簡便でとても有用です。ゼリーを塗って、プローブをあてると、すぐに結果が見えますし、プローブを動かすことでCTなど2次元でスライス厚がある検査とは違い、リアルタイムに3次元でくまなく見えるので(もちろん中には針を刺して精密検査が必要なものもありますが)、安心です。もちろん、被爆もなく、痛みもない検査ですし、保険診療で行えます。

かかる費用は大まかに

3割負担費用で診察代など全て含めて(円)
甲状腺 初診時 エコー 2500-2700
採血 5500-6500
エコーと採血 7200-8000
乳腺 初診時 エコー 2500-2700
甲状腺 再診時 エコー 2500-2700
エコーと採血 5400-5700
エコーと採血と処方 5700-5900
乳腺 再診時 エコー 2000程度
腹部エコー 初診時 エコー 3000-3200
エコーと採血 4400-4600

です。

皮膚にしこりがある場合や、リンパ節が腫れている場合もある程度良悪性の鑑別に有用ですし、その場でわかります。

心配する前に一度ご相談ください。超音波検査も院長が対応します。予約はしておりません。診療時間内にご来院ください。

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性の風しん抗体検査とワクチンのクーポン利用について

2019.06.13(木)

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性は国の政策でクーポンにて無料でうけられます。

当院でも行っております。風しん抗体検査は、診察終了時間の1時間程度前に来ていただけたら、ご予約なく、検査を提出可能です。

ワクチンは在庫がわずかですので、あらかじめご予約していただき、ご来院ください。

現住所がわかる身分証明書とクーポンをご持参ください。よろしくお願いいたします。

1 2 3 4 5