ブログ│新宿の内科・皮膚科は新宿三丁目えきちかクリニック

03-6273-0189

03-6273-0189

△:水曜午前は9:00~12:00(要予約/男性医師による診療です)
★:土曜は15:00~20:00

診療時間
9:30~13:30
17:30~22:30

ブログBlog

皮膚の悩みと自費注射について

2018.12.12(水)

昨日から寒くなりましたね。クリニックでも、クリスマスツリーとリースを飾ってみました。こういうタイプのクリスマスツリーとリースは私ははじめてだったので、選びました。

今日は、自費の注射、特に皮膚の悩みについて説明します。当院では、プラセンタ、ビオチン注射、無臭ニンニク注射、白玉注射、肝機能増強注射があります。当院はいずれも1本1000円+税で行っています。ベテランの看護師が注射を毎日担当しています。私が受診する場合、毎日同じ看護師だと(しかもベテランだと)安心だなあと思っていたので、当院もそうしました。

プラセンタは幅広い方に人気です。肌荒れ、乾燥肌やにきび・毛穴の悩みももちろん、更年期障害、不眠症、筋肉痛、頭皮の悩み、代謝が悪いなど様々な悩みの方が、プラセンタ注射を希望されます。また、甲状腺機能異常などホルモンの異常の方も、バランスを整えるために注射されています。はじめの2か月は1-2週に1回2A以上をおすすめします。その後は、2-4週間に1度で1Aでも、ご自身の悩みやストレス具合にあわせて注射をされるといいかと思います。運動で鍛えている方で、筋肉の早期回復のために注射を受けている方が、毛穴レスな綺麗なお肌になっているのを見ると、お肌にいいなあと改めて思います。また、ニキビが1年中どこかしらにできていた方も、レーザー治療なども考えたけれど、もっと手軽にきれいになれないかとのことでプラセンタ注射を受けてみたところ、2か月程度で毛穴が引き締まり、ニキビができにくくなり、半年ぐらいでつるつるのお肌に戻った方もいました。毛穴、ニキビに悩む方には私はプラセンタを最もおすすめします。プラセンタは筋肉注射や皮下注射の方が効果が高く、静脈注射にすると、同じくらいの効果を得ようとすると、倍量近く必要と言われています。静脈注射の方がいいという方には、静脈注射に対応しますが、量についてはご説明しますね。

にきびで考えると、炎症を鎮静化して、肌の水分と油分のバランスを整えてくれる、ビオチン注射や無臭ニンニク注射も併用するといいと思います。いずれも、ニキビが出来にくくなったと言われます。プラセンタ以外は、静脈注射ですので、筋肉注射などが苦手な方はこちらを受けてもいいかと思います。

乾燥肌、湿疹、しみ、しわなどには、ビオチン注射、白玉注射、肝機能増強注射がおすすめです。白玉注射は、高濃度にする場合、まずは600㎎(3本)から始めて徐々に増量していくのがいいかと思います。肝機能増強注射も、二日酔い予防や飲んだ後の代謝にもいいのですが、肌の炎症をしずめてくれて、ハリが出てきたといわれる方も多いですね。

それぞれの悩みに対して、注射の種類、量をご相談しますので、お気軽にご相談ください。当院の看護師も長年様々なクリニックで自費注射にも対応してきたため、頼りになります。みんなで考えていきましょう。

先日の吉之助のドッグは、採血・エコー・レントゲンいずれも特に異常はなく、高度肥満はありますが、5.4㎏でした。6㎏にはなっておらず、安心しました。

今年の大河は、西郷どんだったので、うちの吉之助も我が家では1年主役でした。うちの吉之助も立派な主役をはってくれました。お疲れ様!!